1.花田煌、貞操の危機を迎える

1 前回のあらすじ。

 新道寺のレズコンビの罠に素敵にハマって、自分の初めてを賭けた麻雀勝負をすることになった花田煌。

 昔の後輩を倒して安心したのも束の間、新たな刺客が花田煌を襲う……!

 というわけで、今回も「花田煌は本当にトバないのか?」をお題にしたいと思います。


2.状況

【基本ルール】
 咲-Saki-長野地区予選個人戦と同じ赤四枚の半荘戦。
 ただし花田煌のみ1,000点、他家は33,000点持ちでスタートとする。

【勝利条件】
 花田煌は半荘終了までにトバなければ勝ち。
 それ以外は花田煌をトバした時点で1位だった者の勝ち。

【同卓者・親番について】
 「花田煌」「園城寺怜」「清水谷竜華」「江口セーラ」が同卓。
 親番は「花田煌→清水谷竜華→江口セーラ→園城寺怜」で推移。

【その他条件】
①清水谷竜華について
 清水谷はこの卓では「怜ちゃん」は使えないものとする。

②園城寺怜について

 園城寺怜が見えるのは「一巡先」までとする。

③江口セーラの服装に関して
 江口セーラは千里山女子の制服を着ているものとする。
 他家の三人は対局中もその服装に関して言及していいものとする。


3.各選手の意気込み

■花田煌

煌「何で千里山女子のお三方が来られているのですか!」

■清水谷竜華

竜華「新道寺の白水さんに」

竜華「『後輩の育成を手伝ってほしい』」

竜華「って言われたんやー」

■江口セーラ

セーラ「代わりにうちの泉がそっちの部長と大将に鍛えてもらっとるんや」

■園城寺怜

怜「私のリーチ棒が煌ちゃんの初めてを奪うんやで……」ハァハァ

煌「病院に行きましょう!」

 全国屈指の名門校レギュラー三人相手に花田煌はどう立ち回るのか。


 上記の状況であれば、四人のうち誰が勝つでしょうか?



4.結果

1

セーラ「流局やなー」

竜華「違う……」

煌「流し満貫! 私の勝利です!」

怜「なん……やと……」

セーラ「流し満貫あったんかい」




哩「まさか千里山女子が以下略」

姫子「これはもう私たちが出ないとダメですよぶちょー!」

??「おかし……」


記事まとめ(アンケ系)