1.ある意味師弟対決か

1 阿知賀女子学院。言わずとしれた咲-Saki-阿知賀編の主役だ。……先鋒戦は千里山主役だったっけ?

 阿知賀を率いる赤土晴絵は阿知賀女子のOGで、卒業後は大学に進学し、大学を出てからは博多の実業団チームに在籍していたという経歴を持っている。

 対する宮守女子を率いるのは熊倉トシ。赤土晴絵も在籍していた博多エバーグリーンズの監督を務めていた女性で、赤土をスカウトしてきたのも彼女だ。

 会社の業績不振の影響もあってか、それなりの成績を残しながらチームは解体し、二人はインターハイ出場校の監督として再会することになる。

 本編インターハイでは対局は叶わなかったが、仮にこの二チームが戦ったらどちらに軍配が上がるのだろうか。

 今回はそのことについてアンケートを取らせていただければと思います。


2.状況

【基本ルール】
 咲-Saki-全国大会と同じ団体戦ルールとする。

【勝利条件】
 大将戦終了時、もしくはトビ終了時にトップだった高校が勝利。

【対戦校】
 「宮守女子」「阿知賀女子」「劔谷」「越谷」の四校。
 四校ともオーダーは本編の今年度インターハイのものする。

【その他の条件】
①他校が掴んでいる阿知賀女子の情報
 宮守・劔谷・越谷の三校は「松実玄にドラが集まること」「松実宥に赤い牌が集まりやすいこと」「鷺森灼が筒子絡みの多面張を聴牌しやすいこと」の三点に関しては把握しているものとする。
 ただし、高鴨穏乃に関しては「特別な力の無い普通の高校生雀士」と思っているものとする。

他校が掴んでいる宮守女子の情報
 阿知賀・劔谷・越谷の三校は「小瀬川白望は悩んだときに高確率で高い手を作ってくること」「エイスリン・ウィッシュアートが門前で13巡目まで聴牌することが異常に多いこと」「臼沢塞にマークされるとその局では和了できなかった選手がいること」の三点に関しては把握しているものとする。
 ただし、姉帯豊音を「特別な力の無い普通の高校生雀士で背は大きいけど超かわいい」と思っているものとする。


 上記の状況であれば四校のうちどこがトップ終了すると思いますか?


3.結果

3

 主人校とこれだけ張り合えるということは、咲-Saki- 宮守編が始まる可能性が微粒子レベルで存在している……?

記事まとめ(アンケ系)